プチ援

妻には言えないけど、一時期プチ援してたことがあるんだよね。
実は妻、何度か妊娠したんだけど、すべて流産しちゃっててさ。
生まれてたら、どんな風になってたのかなーなんて一人でこっそり想像してたことがある。
妻には言わないけどね。
それで、若い子ってどんな風なんだろうとか、何を考えてるんだろうって興味があって。プチ援で、若い子と時々食事してたんだよね。
まぁ、感覚としては親戚のおじさん?みたいな、「学校はどう?」とか「友達とはどんな話をするの?」って、そんな感じの話。
色っぽいことは一切なしだよ、もちろん。犯罪者になりたくないし!
自分に子供が生まれていたら、どんな感じの子に育ってたのかなって、そういう想像をしてみたかっただけ!
フェラ援交
だけど、こういうのも、妻には言えないでしょ、さすがに。
流産して一番落ち込んでるのは妻だしさぁ。
まぁ、それで慰めるのもしんどかったのは事実だけどね。
だって、死んじゃったものは仕方ないでしょ?どうしてやることもできないんだから、自分で乗り越えるしかないんだよ。
本当だったら、一緒に妻と「こんな娘に育ってほしかった」とか「こんな息子になってくれてたら」なんて想像してみたいよ。
だけど、これって逆に残酷でしょ?
だから、一人でプチ援して、若い子と話して、どんな娘だったらうれしいかなーなんて一人で楽しんでたわけよ。
罪悪感はもちろんあったよ。妻にばれたら、悲しませると分かってるし。
ロリコン疑惑持たれても、本当の動機については妻に弁明できないんだから、これはばれたら恐ろしいことになるってわかってたからね。
肉体関係
セフレの作り方